事故現場

久しぶりに現説(入札の案内)の案内が来たので、千歳市役所に行ってきました。

その帰り道、36号線に出たところで、事故現場に遭遇しました。

軽自動車が横転していました。

何が原因で、このようなかたちになったのかわかりませんが、運転には注意最深の注意が必要

ですね!

Y邸新築工事

グラスウール入れを行いました。

昔のGWと違って、今のGWはきめが細かいので、チクチクしません。

私が若かったころのGWは、ガラスを融かしたような破片が入っているような

粗悪なGWでした。 ですので、さわってケガをしたことが何度もありました。

今は、精度が良いのでそんな製品は一つもありません。

GWを入れた後は何時も肌が赤くはれていたものです。

今では懐かしい思い出です。

GWは外気からの冷気を遮断する大切な材料です。

丁寧に入れなくてはいけません↓

23-6-27-1.jpg

23-6-27-2.jpg

23-6-27-3.jpg

23-6-27-4.jpg

23-6-27-5.jpg

タッチャンも丁寧に作業をしています。

Y邸新築工事

1時30分からERIの上部検査・防水検査が私の立会いの下で行われました。

筋違・金物の位置や種類といったものを図面と照らし合わせながら、一つ一つ検査を

行いました。

当然、図面通り・仕様書通り施工しておりますので、全く問題なくOKが出ました。

もともと「イノスの家」の精度が高いので、ほとんどチェックは入らないと思います。

安心安全の住まいお求めなら、やはり「イノスの家」ですね!

明日は、奥様のご実家に伺わせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

宜しくお願いします<(_ _)>

Y邸新築工事

本日はサッシの意取り付けを行いました。

大きいサッシは、ガラスが入っていると、とても重いので、通常サッシが納まってから

後日ガラスを入れに来ます。 

予定では、明日ガラスを入れるます。

23-6-22-1.jpg

23-6-22-3.jpg

23-6-22-5.jpg

宣伝も兼ねて、「スマイルホーム」のテントも付けてみました。

控えめなテントなので、あまり目立ちませんね~

23-6-22-6.jpg

23-6-22-7.jpg

23-6-22-8.jpg

パラペット部分の板金↓

23-6-22-2.jpg

23-6-22-4.jpg

重たく、そして大きなサッシを取り付けるのは、大変です。

運ぶのに力がいるのと、落としたりすると傷がついたり、ケガのもとになります。

大きいサッシの場合、特に注意が必要です。

ですので、つけ終わった時には「ホッ」とします。

Y邸新築工事

板金工事はいつも、千歳の有限会社多賀板金工業所さんにお願いしています。

先代からのお付き合いで、前社長は私が小学生の時から知っていますので、かれこれ

45年以上ものお付き合いになります。

千歳市の技術功労賞もいただいており、地元で技術の伝承に努めています。

今は、2代目が頑張っております。

23-6-21-2.jpg

23-6-21-3.jpg

防湿シートを張りました。

ここにも「イノス」のマークが入っています。

23-6-21-1.jpg

窓下に「ウェザータイト」という、防湿材を取り付けます。

防湿シートの上から張ることによって、さらに水の浸入を防止します。

「イノスの家」は丈夫さもさることながら、防水には徹底的にこだわっています。

住宅の寿命を短くさせる原因は、ほぼ水が原因と言っても過言ではありません。

乾燥した材料は、100年間ほったらかしでも腐ったり、カビが生えたりはしません。

常に乾燥状態を保つことが、住宅を長持ちさせる秘訣なのです・・・これ、基本中の

基本です。 簡単に言いましたけれど、パラペットや下屋との取り合いは、やはり

難しいです。

Y邸新築工事

外張り断熱ミラフォームを張りました。

最近は「外張り断熱」より、「付加断熱」と言う言い方の方が多いかもしれません。

土曜日に、のぼりやテントを取り付けましたが、「イノスの家」のぼりの赤が

とても目立っていますね!

お隣のミ〇ワホームののぼりより目立っています。

23-6-20-1.jpg

23-6-20-2.jpg

23-6-20-3.jpg

本日、サッシ・ドアが現場に到着しました。

23-6-20-4.jpg

23-6-20-5.jpg

バルコニーの手すり部分の造作を行いました。

腕の良い沼田棟梁が、てきぱきと作業をこなしていきます。

23-6-20-6.jpg

バルコニーの造作と付加断熱↓

Y邸新築工事

屋根は防水が命です。 ですので、イノスではルーフィングの重ね部分のテーピング

のこだわっています。 重ねの部分やコーナー部分は特に念入りに仕事をしています。

ホームルーフα

23-6-17-1.jpg

ルーフィングを止めるテープ↓

23-6-17-9.jpg

断熱材を貼りつけてからルーフィングを張っていきます。

23-6-17-2.jpg
23-6-17-3.jpg
23-6-17-4.jpg
23-6-17-5.jpg
23-6-17-6.jpg
23-6-17-7.jpg
23-6-17-8.jpg

ルーフィングにまで「イノスグループ」の名前が印刷されていて、こだわりのすごさ!

がうかがえます。

Y邸新築工事

玄関前の造作。 沓金物に柱を取り付けました。

23-6-16-1.jpg

23-6-16-2.jpg

通気を確保する材料のイーブスベンツを保護する、イーブプロテクターを取り付けます。

23-6-16-3.jpg

内部の状態です↓

23-6-16-4.jpg

OSB合板を全体に張ると、建物の形がなんとなく見えてきますね!

Y邸新築工事

基礎のウレタン断熱↓

23-6-15-1.jpg

断熱を完璧にするためには、これくらいこだわらないといけません!(こだわりすぎ?)

23-6-15-2.jpg

外部の構造用合板のOSB合板もこんな感じで張りあがっていきます。

23-6-15-3.jpg

サッシ廻りの間柱の受け材の取り付け。

23-6-15-4.jpg

こんな感じで取り付けました↓

23-6-15-5.jpg

断熱はこれで完璧!

Y邸新築工事

野地合板が張り終わりましたので、間柱を入れ、壁下地のOSB合板を張ります。

その前に、羽子板ボルトは金属ですので熱伝導率が良いために、冷気が伝わり結露するのを

防ぐために、ウレタンを吹き付けます。(他の建築会社ではやっていないと思います)

外部は付加断熱ですので必要ないと思いますが、「イノスの家」はとことんこだわっていますから

ウレタンを吹く仕様になっています。(やりすぎ?)

23-6-14-1.jpg


23-6-14-2.jpg


23-6-14-3.jpg


23-6-14-4.jpg

とことんこだわるのが「イノスの家」↓

Y邸新築工事

防湿シートと金物類です↓
23-6-13-5.jpg
23-6-13-6.jpg
23-6-13-7.jpg
23-6-13-8.jpg

野地合板を張りました。

N50釘を@150でア12合板を留めていきます。

ちなみに屋根タルキは45X60の物を使用しています。

23-6-9.jpg

胴差にホールダウン金物を取り付けています。

真剣な表情の沼田棟梁↓

23-6-13-9.jpg

勾配屋根は雪が落ちますので、屋根タルキは通常45X45を使用しますが、ツラット屋根の場合雪が

乗りますので、45X60のタルキを使用します。

Y邸新築工事

母屋の取り付けをしました。

母屋とは、屋根タルキをのせる横架材のことです。

この上にタルキがのり、その上にベニヤがのり、ルーフィングをした後に

屋根板金がのります↓

23-6-11-1.jpg

23-6-11-2.jpg

母屋をカスガイでガッチリとつなぎ留めます・・・これ重要です!

高所作業は危険ですので、アゴひもしめてヘルメット着用!

「イノスの家」は安全管理にも徹底しております。

Y邸新築工事

2階の柱と桁の段取りです。

2階の床下地(ア28)を敷いた状態です↓

23-6-9-1.jpg

1階から見上げた状態です↓

23-6-9-2.jpg

金物を取り付ける、わが社の若き有望株、長岐龍駿君。 通称「タッチャン」

23-6-9-3.jpg

取り付けた状態↓

23-6-9-5.jpg

梁を受ける金物↓

23-6-9-4.jpg

床に墨出しをします↓

23-6-9-6.jpg

柱を立てて桁や頭つなぎを取り付けます↓

23-6-9-7.jpg

下から見た状態です↓

23-6-9-8.jpg

Y邸新築工事

Y様のお知り合いの(株)久慈重機さんにクレーンで荷揚げをしていただきました。

通常より大型のクレーンでした。

クレーが必要になった時には、(株)久慈重機さんに連絡してあげてください。

クレーンで組み立てられていく様子がわかると思います↓

23-6-8-1.jpg
23-6-8-2.jpg
23-6-8-3.jpg
23-6-8-4.jpg
23-6-8-5.jpg
23-6-8-6.jpg
23-6-8-7.jpg
23-6-8-8.jpg
23-6-8-10.jpg

羽子板ボルトを取り付けた状態です↓

23-6-8-11.jpg

Y邸新築工事

今日からいよいよ、土台を敷き始めます。

材料も到着↓

23-6-6-7.jpg

まず最初に、対角を取ります。

直角になっていないと、家がひし形になってしまいますので、対角線を同じくとります。

同じ長さですの、建物は直角に建ちます。

家を建てるときの基本は、水平・直角・真っ直ぐです。

23-6-6-1.jpg

23-6-6-2.jpg

対角を出してからそれを本に土台の位置の墨出しをします。

23-6-6-3.jpg

基礎と土台の間には、ビニールシートにゴムが付いた気密材を取り付けます。

これがないと、基礎と土台の間にわずかな隙間が出来ますので、これで密着させます。

「天端リスト」と言う材料です↓

23-6-7-2.jpg

23-6-7-1.jpg

取り付けた状況です↓

23-6-6-4.jpg

23-6-5.jpg

それから、土台を敷いていきます。

23-6-6-5.jpg

23-6-6-9.jpg

Y邸新築工事

基礎天場にモルタルを塗りました。

貫きを定規にして、モルタルを塗っていきます。

水平器を使いながら、正確にモルタルを塗っていきます。

ついでに、基礎モルタルの下地も塗り付けておきます。

23-6-4-1.jpg

23-6-4-2.jpg

23-6-4-3.jpg

23-6-4-4.jpg

23-6-4-5.jpg

明日は「千歳日航国際マラソン」が開催されます。

今回もフルマラソンにエントリーしています。

2週間後の「サロマ100㎞ウルトラマラソン」の練習も兼ねていますので、6分/㎞程度

疲労を残さない走りで完走したいと思っています。

ゴール予想は4時間12~30分。

「ゆっくり走ってきま~す」

Y邸新築工事

昨日打った土間コンクリートを確認してきました。

丸1日経っているので、かなり硬化していました。

天気が良くなかったのが幸いして、表面のひび割れもなく良い仕上がりに

なっていました。

天気が良すぎると、水分が急激に奪われ表面がひび割れたりボソボソに

なったりします。

コンクリートの硬化には水分が必要になってきます。

真夏ですと、型枠に水をかけたりして水分の蒸発を抑えたりします。

23-6-3-1.jpg

明日は基礎天端をモルタルで仕上げます。

Y邸新築工事

本日は埋戻しの作業を行いました。

23-6-1-3.jpg

砂利厚:700-600=100

23-6-1-1.jpg

23-6-1-2.jpg

機械を使用しても、楽な作業ではありません。

作業されている、岡田工務店さん、ありがとうございます。

明日の4時から土間コンクリートを打設いたします。