せっこうボード搬入

Kです。

本日はせっこうボードの搬入とポリフィルムを貼りました。
外部から機械で搬入が出来ないので、2階へ上げるのは人力です。
準不燃の厚さ9.5㎜とは違い
不燃は厚さが12.5㎜もあるので結構大変です。

001.JPG
このせっこうボードを90枚弱2階に上げます。

006.JPG

005.JPG

パネリード

Kです。

本日は昨日に引き続き外部下地の施工です。

下地を施工する際に使うビスは『パネリード』というビスです。
パネリードは外張り断熱工法用ビスとして性能と施工性が評価されています。
外壁の垂れ下がりを防止する高い強度により
長寿命化する住宅にはもちろん
地震によっても外壁材の垂れ下がりを防止します。

002.JPG

外部下地

Kです。

本日は昨日に引き続き外部下地の施工をしました。
本来でしたら下地が終わり次第、中工事に入る予定でしたが
大工の体調不良により工事を午前中で終了しました。

皆様も体調を壊さない様しっかりと体調管理をして下さい。

ブローイング

Kです。
昨日は札幌で買い物に行ってきました。
数年ぶりにお昼は北海道のラーメン店トップクラスに美味い
と評判の彩未さんにお邪魔しました。

し か し

開店前にも関わらず

大 行 列

うわぁ(^_^;)って思いながら12号線沿いの吉野家に行きました(笑)
彩未の味が口に広がりながらの牛すき鍋定食は格別でしたね!!
来年はリベンジします(笑)


本日はブローイングと外部下地を施工しました。

ブローイングは専用機械による吹き込みなので
厚さが自由に設定でき隙間もなく均一な施工ができます。

暖房しているのに寒い。。。
結露が酷い!!
このような現象は断熱材が不足している、施工の段階で
断熱材に隙間が生じて熱が逃げる事が原因と考えられています。

ブローイングは高断熱構造化に欠かせない工法となっております。

配管

Kです。

本日大工工事は外部に使う材料に防腐剤を塗り
下地取付の準備をしました。
塗り漏れがあると大変ですので
何度か塗り続けます。

2階暖房の配管する時
設備屋さんに動画撮るねって言うと
設備屋『ダメだよ!!うちの会社秘密結社なんだから』
とかちょっと子供ぽいし昭和くさいこと言われましたが
しっかり撮ってきました(笑)
照れ屋な設備屋さんの作業風景をどうぞご覧ください。

002.JPG
防腐剤です。

003.JPG
塩ビと雨漏りが起きやすい換気口廻りの防水するウェザータイトです。

012.JPG

007.JPG

011.JPG

009.JPG

010.JPG

下地

昨日は書類の山に身動きが取れず
ブログの更新が出来ませんでした(^_^;)

書類と友達のKが更新です。

下地作業が進み2階はお施主様が見て
部屋の形、だいたいの大きが分かるようになりました。

<予告>
近日ブローイング(断熱材)をいれますのでお楽しみに♪

千歳でJIOの躯体検査

外部の造作が終了すると、JIOによる躯体検査を受けます。 これが、10年瑕疵保証の保険検査
になります。

検査官は全国にいますけれど、この方は苫小牧から来たそうです。 それも、沼ノ端と言っていま
したので、比較的近くで良かったと思います。

と言いますのも昨日、苫小牧方面でコンテナー車が風で横倒しになったニュースをやっていました
ので、道路状況が心配でしたので無事到着して安心しました。

検査は8:45から行いましたが、無事何事もなくOKでした。 ま、当たり前と言えば当たり前ですが。
何時ものことですので、自信を持って検査にあたることが出来ました。

26-12-17-001.jpg

26-12-17-002.jpg

26-12-17-006.jpg

26-12-17-007.jpg

これであとは完成までまっしぐら・・・と行きたいものです。 ヽ(o´∀`o)ノ

電気屋さんも工事に入っていましたので、ついでと言っては失礼ですが作業風景を撮ってみました。

玄関ドア

申し訳ありません。
今日もKです。

本日はサッシにガラスを入れ
玄関ドアを取付けました。

いつもは私もドア取付けを手伝うのですが
右手にはカメラが!!

ラッキ・・・いえ残念です(笑)

玄関ドアは持ち上げ外と中をビス止めしますので
人手が少ないと大変です。
今回は電気屋さんが助けてくれたので感謝です。

電気配線

本日も息子Kが更新です。

昨日選挙が終わりましたね。

期日前投票常連の私は皆様より一足先に役所で投票に行きました。

特に面白エピソードは無いですが
ちゃんと投票したよアピールしたかっただけです(笑)

本日はM様邸の電気配線をしました。

電気の配線やコンセント、スイッチのボックスは
見る機会が少ないので貴重かもしれませんね。

動画は内容は下記の通りです。

硝子の入ってないサッシの養生状況

電気配線

008.JPG

013.JPG

サッシ取付工事

本日は息子の私が更新です!!

事務用品の補充にコーチャンフォーに行ってきましたが
路面は氷氷氷
道路は車車車
店内は人人人
で気疲れしてしまいました(笑)
札幌からの帰りで渋滞につかまり動画の撮影が暗くなってしまいました(^_^;)

本日は雨の侵入を防止する防水シートを貼り、サッシの取付けをしました!!
防水シートはシートとシートを重ねるように貼り水の侵入を防止させます。
サッシは中と外からビス止めします。

013%281%29.jpg

1.jpg

千歳で外部付加断熱貼り(細部)

昨日は雨で工事が中断してしまいましたが、本日は晴れましたので断熱材の施工を引き続き行い
ました。
大きい面は、サクサクと目に見えて進みますが、細部となるとそうは行きません
細かい所は結構手間がかかりますので、急にブレーキがかかったように進み方が遅くなります。

ここで手を抜かないのが、良い工務店かそうでないかの分かれ道です。
手を抜かないのは、棟梁と工務店のプライドですね。 (*`エ´*)

動画にするのは、その自信の表れですね。(自信たっぷり!)

26-12-12-019.jpg

26-12-12-034.jpg

作業映像は決して面白くはありませんが、大事な作業場面となります。

千歳霊園休憩センター外壁改修工事仮設足場撤去

本日朝から雨のため、10:00で住宅の作業は中止しました。 

昨日、検査が終了しましたので仮設足場の撤去を行いました。 雨でも撤去作業は出来ますが
作業する方々は大変です。 作業の途中ですが、写真を載せてみました。

26-12-11-001.jpg

26-12-11-002.jpg

おまけ

上棟式の時に頂いた、熊本のお土産の紹介をしたいと思います。

焼酎とお菓子の詰め合わせを頂きました。 ありがとうございました。 (o^―^o)
26-12-03-030.jpg

蒸氣屋さんのお菓子の詰め合わせ。
26-12-03-029.jpg

三岳
26-12-03-031.jpg

26-12-03-034.jpg

千歳で付加断熱貼り

断熱材を、壁の中にブローイングで吹き込む方法と、外部に断熱材を貼り付ける付加断熱をセットで
行っています。 外壁面に断熱材を入れるのは当然ですが、手で入れるのと機械で入れるのとでは
精度に違いが出てきます。 隅々まで断熱材が入るやり方の方が、入れる人にとってもお客様に
とっても、良いと思います。 加えて外部に断熱材が貼っていれば、なおのこと暖かくなるのは
素人判断でもわかることですね! (´゚c_,゚` )

見えにくいですが、スタイロフォームを貼っています↓
26-12-10-003.jpg

千歳で断熱ドア・サッシ入荷&断熱材墨付け

本日、断熱ドアとサッシが入荷になりました。 これといったコメントはありませんが、外部鋼製
建具が付くと、なぜか「ホッ」とします・ 外部の出来上がりがそれらしく見えるのと、雪が吹き込む
恐れがなくなるので、なんとなく安心するんですね。 (p*'v`*q)

26-12-09-001.jpg

26-12-09-004.jpg

IHクッキングヒーター取替

親戚に頼まれて、IHクッキングヒーターを取り換えました。 内部の電子機器が消耗したみたいで
メインスイッチを入り切りしても、うんともすんとも言いません。 メーカーに問い合わせしたところ
「買った方が安いです」のお答えでした・・・(ll'ェ')
多分「めんど~~~~~くさい」のでしょう!?

注文していたIHクッキングヒーターが昨日届きましたので、本日午後から取り付けに行ってきました。
取り付けはゐたって簡単! 「はずして、ポン」って感じでした。
ガスとは違い、コンセントにコードが差さっているだけなので、取替はとても簡単です。
ご自身で出来ますので、IHでしたら一度チャレンジしてみて下さい。

時計を見ると、13:20~13:50の30分で完了しています。↓
26-12-08-002.jpg

26-12-08-003.jpg

26-12-08-004.jpg

千歳で窓廻りの下地

窓廻りの下地を取り付けるときには、何かしらサッシとの段差が出来るときに取り付けます。
今回と言いますか、標準でア25SP(スタイロフォーム)を付加断熱材としていつも貼り付けています
ので、下地を取り付けないとその分サッシが外壁にめり込んでしまいます。 その差を無くす為に
下地を取り付けて高さ調節をしています。

ついでに、サッシが取り付けられるまで雪が吹き込まないように、ブルーシートで養生しておきます。
これで、大雪がいつ降っても大丈夫ですね! ( ̄ー ̄) 

26-12-08-005.jpg

26-12-08-007.jpg

千歳でOSB合板張り

構造合板OSB合板ア9を張りました。 昔と違い、構造用合板を張るのが当たり前になりました。
当然剛性が高くなりますので、地震にも強くなります。 今の住宅では当たり前に使用される
構造用合板ですが、昔は筋交いに透湿シートだけ・・・という時代もありました。 そんな時代にも
私達は、少なくとも構造用の資材を貼り付けていました。 構造用合板がないと、家って結構動く
んですね。 当然クレームになりますし、安心のためにも構造用板を取り入れていました。

26-12-06-009.jpg

千歳で窓台取付

サッシを取り付ける下地を造作しました。 各部のサッシ開口はプレカットの時に、決められた高さの
柱位置に切込みを入れてあります。 ですが、間柱はカットされていませんので、それぞれの位置
で必要な寸法に丸鋸でカットしていきます。

動画で見て頂く通り、結構大変な作業を大工さんはこなしていきます。 切れない丸鋸だと危険で
すので、つねにサラサラと切れる状態の丸鋸の刃を使用しています。
切れない鋸の刃を使用して、「鋸が切れないで、息が切れる」とよく言っていたものです。
。゚(゚^艸^゚)゚。

寒い中、元気に作業を進めています! 感謝です!!!

千歳で屋根板金工事

本日は晴れました。 好天でしたので、板金工事もはかどり、ほぼ一日で屋根の板金を葺く事が
出来ました。 フラット屋根ですので、勾配屋根より安全に工事を進められますね。 (o^―^o)

前回お話しした通り、ア20スタイロフォームを敷き込みその上に、防水のためにアスファルトルー
フィングを張り付けます。 そして、屋根板金を吊り子に取り付けます。 最後に継ぎ目にコーキン
グを打設して終了です。

フラット屋根の場合、屋根に水が溜ることが考えられます。 その様なことがあってもすがもり
しないように、板金と板金の間にコーキングをいれています。 それからそこを器具で「ギュッ」と挟み
込みますので、隙間が全くなくなります。 ですので水が漏れる心配がなくなります。

26-12-04-012.jpg

26-12-04-014.jpg

26-12-04-015.jpg

破風取付と補強金物取り付け

天候が持ち直しましたので、応援の手を借りて屋根の破風部分を工事しました。
完了後、内部の補強金物を取り付けました。

破風の下端には、イーヴスベンツと言う名の通気する材料を取り付けます。
これを取り付けることによって、フラット構造の屋根裏換気がスムーズになります。
26-12-03-002.jpg

イーヴスベンツが付いた状態です。↓
26-12-03-012.jpg

軒先の状態。↓
26-12-03-013.jpg

笠木上部。↓
26-12-03-020.jpg

笠木上部には、水が溜まらないように水勾配が付けられています。↓
26-12-03-019.jpg

おまけ

はやぶさ2が無事発射されました。 HBCの「ひるおび」で中継していましたので、気になり
撮ってみました。

今日は雪

天気予報通り、雪になりました。 千歳は豪雪地帯ではありませんので、日本海地域のように
何メートルも降りませんが、気温は低くなりかなりシバレます。 もちろん足元も危険になります
ですので、本日は大工さんがお休みです。

上棟式が済んで、これからっ・・・て感じですが、安全第一です。

今日はこれを聞きながら、グッスリと寝て英気を養いましょう! 

アイフォンを枕元に置き、これを聞きながら熟睡しているお気に入りです↓

ぐっすりと眠れるぞ~~~~~!

千歳で破風取付

とうとう12月1日になってしまいました。 本年もあと一月となりました。 
一年が瞬く間に過ぎて行く・・・そんな今日この頃です。

天気予報通り、午前後半から雨となりました。 外工事をされている方々は「あともう少し、天気
になっていてくれ~~~!」と叫びたいのではないでしょうか!?
幸雪にはならなかったので、除雪の心配はしなくて良いのですが、明日から気温が低くなるので
降雪が心配です。

年内にはなんとか外部を囲って、雪が中に入らないようにしたいものです。

雨が降りましたので、屋根廻りの破風部分の一部しか工事が出来ませんでした。

笠木の下についている、幅広の板が破風板です。 外壁と笠木との繋ぎ部分に付ける板のことです。
26-12-01-002.jpg