屋根板金工事

本日は屋根板金工事を行いました。

フラットタイプですので、勾配が2/100となっております。 冬季はほとんど雪が乗った状態です。
基本的に雪は自然に融けて水となり、軒先から落ちていくスタイルです。

雪の落としどころが無い場合、このタイプを選びます。
除雪しなくていいので、ほったらかしが好きな方には向いています。
実際は、落雪した雪の除雪は大変です。

2017-3-9-1.jpg

2017-3-9-2.jpg

2017-3-9-3.jpg

2017-3-9-4.jpg

除湿シート貼り+玄関ドア搬入

本日は、除湿シートを張りました。 読んで字のごとく、内部の蒸気を排出するシートのことです。

外部から水が浸入しても、内部に水は入りません。 丁度、ゴアテックスのようなものとお考え頂け
ればよろしいかと思います。

本日は、玄関ドアも搬入となりました。 

2017-3-8-5.jpg

2017-3-8-1.jpg

2017-3-8-2.jpg

2017-3-8-3.jpg

2017-3-8-4.jpg

2017-3-8-6.jpg

付加断熱材貼付け+サッシ搬入

付加断熱材を、昨日に引き続き貼りました。

北海道は寒冷地ですので、断熱にし過ぎは無いと思います。 限られた予算の中でも、最優先に
すべき項目ですね! 魅力的なキッチンよりも、まずは断熱です!

ご近所の猫ちゃんが遊びに来ますので、記念写真を撮りました。 まったく逃げません!
かなり人に馴れていますので、そばに来てまとわりつきます。 可愛いもんです。

サッシが本日搬入となりました。

2017-3-7-1.jpg

2017-3-7-2.jpg

2017-3-7-3.jpg

2017-3-7-4.jpg

付加断熱材貼り

付加断熱材にア25mmカネライトフォーム3種を使用しています。

外壁側壁内のブローイングとツインで断熱しますので、断熱性能はかなり上がります。

無暖房住宅にするには、更に断熱性能を上げなければなりませんが、コストを考えますと、これでも

かなり満足のいく内容と思います。

2017-3-6-1.jpg

2017-3-6-2.jpg

2017-3-6-3.jpg

2017-3-6-4.jpg

屋根板金下地

屋根がフラットの形になっていますので、全くではありませんが雪は落ちません。

雪が乗った状態ですと、小屋裏のベニヤに霜が付く可能がありますので、霜が付きにくくするために

屋根下地に断熱材を貼っています。 断熱材を貼らないと春先に霜が溶けて、2階の天井に水滴

が落ちてきて、天井がしみだらけになる可能性があります。

その予防に断熱材を貼っています。 貼っていない家は要注意です! 

2017-3-1-1.jpg

2017-3-1-2.jpg

2017-3-1-3.jpg

2017-3-1-4.jpg

2017-3-1-5.jpg