千歳市で注文住宅をご検討中の…

2020.12.10

千歳市で注文住宅をご検討中の方必見!デザイン性のある家にするためのポイントとは?

「せっかく注文住宅で家を建てるならデザイン性のある家にしたいけど、何をどうすれば良いのか分からない」
そうおっしゃる方も多いのではないでしょうか。
一生に一度の家づくりだからこそ、見た目にも後悔のないものにしたいですよね。
そこで今回は、デザイン性のある家にするためのポイントについてご紹介します。

□まず初めにしたいこととは

デザイン性のある家と言っても、自分の理想とする家がどのようなものなのか具体的に想像できる方は少ないですよね。
それではそれらを知るために、まず初めの段階で考えたいことについてご紹介します。

まずはデザインも踏まえ、自分たちの理想とする家のコンセプトを明確にしましょう。
コンセプトに統一感がないと、どうしても乱雑な印象になりやすいですよね。
また間取りを優先しすぎると、家の形が不自然になり過ぎたり、全体的なバランスが崩れるため、複雑な印象になりやすいです。
こうならないためにも、まずは大きなコンセプトを設けてやることが望ましいです。

続いては今後のライフプランや家族構成の変化を想定しましょう。
家というのは、今後の長い人生を共にするものであるため、愛着を持って暮らすためには、利便性が高く、快適な家づくりが必要です。
つまり、どれだけデザイン性が高くとも、住みづらければ元も子もないですよね。
こうしたことにならないためにも、家族が増えたり、生活のスタイルが変わっても暮らしやすいシンプルな動線を心がけましょう。

□具体的なポイントとは

先程はデザイン性のある家づくりでまず初めに考えたいことについてご紹介しましたが、具体的にどのようなことを採り入れると良いのでしょうか。
続いては、押さえたい具体的なポイントについてご紹介します。

まずデザイン性のある外観づくりに関しては、先程決めたコンセプトに合うような見た目にすることに加え、機能面についても考慮できると良いでしょう。
全体的な家の雰囲気は屋根の形状や壁の素材、また窓やドアの形や配置などで大きく変化します。
したがって、選んだコンセプトを主軸にして選ぶようにしましょう。

ただどれだけデザイン性に優れていても、メンテナンスが大変となると残念ですよね。
したがって、外観について検討する際は、メンテナンスのしやすさや耐久性も考慮して選べると良いですね。

また外観をデザイン性のあるものにするには、外壁を境界線の分かりやすい全く別の2色で塗装することがおすすめです。
そうすることで家全体にメリハリがつき、デザイン性のある印象を与えられます。
最近では、普通の壁にタイルや木材などの異素材を組み合わせることもおすすめです。
ただし、あまりたくさんの色や素材を使用すると、統一感に欠けるため、多くても2、3種類の組み合わせにしておくと良いですね。

内装に関しては、外観と同じように全体的な色合わせの他に、照明や開放感などのポイントを押さえられると良いでしょう。
照明には、間接照明やダウンライトなど様々な種類があるため、お好みのものを組み合わせることで自分らしい空間づくりが可能です。
また窓の大きさや間取りを工夫することで全体的に開放感が生まれ、おしゃれな空間に見えやすいでしょう。

□まとめ

今回は、デザイン性のある家にするためのポイントについてご紹介しました。
好みのデザインは人それぞれですが、主軸となるコンセプトを決めて、全体的に統一感を出せると良いですね。
ぜひ千歳市で注文住宅の購入をお考えの方は、本記事もご参考にこだわりの詰まった家づくりを行いましょう。