注文住宅の玄関で失敗しないた…

2020.12.22

注文住宅の玄関で失敗しないために!千歳市の業者が押さえたいポイントをご紹介!

玄関といえば、家の顔となる重要な場所ですよね。
せっかくの注文住宅ならこだわりたい方も多いでしょう。
ただしその一方で、「玄関はこだわりたいけど、失敗するのが心配」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅の玄関で失敗しないためのポイントについて千歳市の業者がご紹介します。

□よくある失敗例とは

注文住宅の玄関で失敗しないためのポイントについてご紹介する前に、まずはよくある失敗例について知っておきましょう。

まず1つ目に挙げられるのは、収納が足りないということです。
玄関には、靴のみならず、そのお手入れ用品や自転車の空気入れ、ほうきやちりとりなど、様々な物を収納する必要がありますよね。
これらを収納しきれず、玄関に物が溢れかえり、乱雑な印象になってしまうのはよく起こる失敗です。
またこうした状況は見た目の印象を悪くするのみならず、使い勝手の面においても不満につながりやすいでしょう。

2つ目に挙げられるのは、狭さに関する失敗です。
せっかくの注文住宅なら玄関のスペースは広くとりたいものですが、どうしても間取りの関係上、十分な広さを確保することが困難な場合も多いです。
また初めは広くとったつもりでも、大きめの下駄箱を設置したことで圧迫感が出てしまったというケースもあります。
さらに狭いスペースにたくさんの靴を収納するがゆえに、湿気や臭いの問題も起こりやすいでしょう。

□失敗しないためのポイントとは

それでは、先程ご紹介したような失敗が起こらないためにはどうすれば良いのでしょうか。
続いては、玄関で失敗しないために押さえたいポイントをご紹介します。

まずは収納についてよく検討しましょう。
先程もご紹介したとおり、納得のいく玄関づくりには十分な収納が欠かせません。
家族の人数が多い方や小さいお子様がいらっしゃる場合には、たくさんの靴や雨具、ベビーカーなども収納する必要があるでしょう。
失敗しないためには、こうした収納したい物の種類や重さを事前に想定した上で、検討することが必要です。

玄関の広さに関しては、人の出入りをスムーズに行うためにも重要なポイントです。
ただし、先程もご紹介したとおり、なかなか十分なスペースがとれないという場合も多いですよね。
こうした場合には、奥行きよりも横幅を広く取ることを優先すると良いでしょう。
横幅の広い玄関は、同じスペースでもより広く感じられ、さらに使い勝手も良いとされているため、おすすめです。

他にも可能であれば、照明や採光にも着目できると良いでしょう。
同じ広さでも、明るさを工夫することで開放感が演出でき、狭さの問題も解消できます。
もし照明や採光の設置が困難な場合には、吹き抜けを作ることも検討できると良いですね。

□まとめ

今回は、注文住宅の玄関で失敗しないためのポイントについて千歳市の業者がご紹介しました。
玄関の印象や使い勝手は、少しの工夫で改善できます。
せっかくの注文住宅で失敗しないためにも、ぜひ今回ご紹介したポイントを押さえて、理想の玄関を実現しましょう。