注文住宅の外観は何から決めれ…

2021.01.26

注文住宅の外観は何から決めればいい?千歳市の業者が外観の決め方についてご紹介!

「せっかくの注文住宅なら外観にもこだわったお気に入りの家に仕上げたい」
「とはいえ実際家づくりに関して知識がなく、外観について何から決めれば良いのかわからない」
このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
こうした方のために今回は、千歳市の業者が注文住宅の外観の決め方についてご紹介します。

□外観の要素を決める

外観を決める際は、まず外観の要素を決めましょう。
そもそも外観の種類は、北欧スタイルやモダンスタイルなど様々なものがありますが、大きく、窓、家の形状、外壁の3つの要素に分けられます。
それぞれどのようなものを選ぶのかによって外観の印象が大きく変わるため、好みのスタイルを踏まえた上で慎重に選ぶようにしましょう。

ただし窓や家の形状に関しては、場合によって間取りにも影響するため注意が必要です。
もしあまりにも外観を優先しすぎると、日当たりや風通しが悪くなってしまい、住まいの快適性が損なわれてしまう可能性があります。
そうならないためにも、まずは理想とする家をよくイメージし、その上で外観と間取りを並行して決めるようにしましょう。

□外観の印象を絞る

大体の外観の要素が定まった後は、より全体的なイメージを絞りましょう。
そもそも外観を和風にするのか洋風にするのかで、その後家に関する詳細な内容を決める際の選択が変わってきます。
ただどのような外観を選ぶにしても、完璧に条件に沿うものを見つけることはなかなか難しいため、メリットと注意点の双方を踏まえた上で検討できると良いですね。

より細かなイメージが決まった後は、それに応じた色や素材を検討しましょう。
とはいえ、屋根や外壁、窓に至るまでその種類は様々ありますよね。
最近では金属サイディングや窯業サイディング、タイルやモルタルなどが外壁の主流になっています。
これらはそれぞれメリットとデメリットが異なるため、よく比較し総合的な評価で選べると良いですね。

色に関しては、少し前までは白色やベージュなどの柔らかい色味が一般的でしたが、最近では黒などの重厚感のある色も人気があります。
もしモダンスタイルや和モダンスタイルのような、洗練されたかっこいい印象の外観を目指されている方は、こうした色味も検討してみると良いですね。

□まとめ

今回は、千歳市の業者が注文住宅の外観の決め方についてご紹介しました。
外観の印象は、家や窓の形状、そして色味や素材の組み合わせ方によって印象が大きく異なります。
ぜひ今回ご紹介した内容をご参考に、こだわりの詰まったお気に入りの外観を目指しましょう。