太陽光発電の、為になる動画集

Space Solar Power Systems -宇宙太陽光発電-

静止軌道上で太陽光発電を行い、そのエネルギーを地上に送るのが

「SSPS(宇宙太陽光発電)」です。

JAXAはこの研究を進めています。

私は、「太陽光発電」で検索するまで、全く知りまっせんでした。

良くわかりませんが、兎に角すごいです( ゚Д゚ )

東京都、猪瀬副知事も太陽光発電を取り入れました。

まずは、実体験を通して太陽光発電をアピールしていました。

コンビニの屋上に太陽光パネルを取り付けて、電気自動車の充電に

利用するというものです。

太陽光パネルと同時に、電気自動車の普及が必要になってきますね>

太陽光パネルを設置する費用は、各家庭の家の状況によって変わってきます。

個別には違いますが、太陽の恵みを受ける事が出来るのは、設置した

ご家庭だけです。

実際に太陽光発電を使用している方に、聞くのが一番です。

太陽光パネルを付けている方々は、売電してお金をもらえますが

太陽光パネルを付けていない方々は、逆に料金を多くとられるのですね~

知りませんでした(´-ω-`)

太陽光発電システム

titbar011.gif
titbar012.gif
img011.jpg いま、環境にやさしいエネルギーとして、注目が集まっている「太陽光発電システム」。CO2削減に向けて、国をあげてその普及促進が図られています。
 私は、太陽光発電の普及拡大のためには、価格を抑える必要があると考えました。変換効率の高い単結晶モジュールを採用し、「いいものをより安く」を実現したサニックスの太陽光発電システム。環境にはもちろん、家計にもやさしいシステムです。ぜひ比較ご検討ください。

補助金制度・余剰電力の買取制度が充実している今こそ、導入のチャンスです。


titbar013.gif
img014.gif
太陽電池モジュールで電気(直流電力)をつくり、パワーコンディショナで電力会社からの電力と等しい交流電力に変換して、家庭内の電化製品に使用します。
 発電した電力のうち、家庭で使用しなかった分は、電力会社に売ることができます。

img01_2-5.gif
直流電力をつくります。
img01_2-10.gif
img01_2-6.gif
太陽電池からの配線を一つにまとめて、パワーコンディショナへ。
img01_2-10.gif
img01_2-7.gif
直流電力を交流電力に変換します。
img01_2-10.gif
img01_2-8.gif
発電状況などの確認ができます。
img01_2-10.gif
img01_2-9.gif
余った電気は電力会社に売り、不足分は電力会社より購入します。

太陽光設置の流れ

titbar02.gif

titbar02_1.gif

img02_1.gif

※補助金の交付(振込)は、実績報告書提出後となります。

太陽光発電のメリット

titbar03.gif

titbar03_1.gif

img02_2.jpg いま、国をあげて、CO2削減に向けて太陽光発電の普及促進が図られており、その普及に向けた支援策が打ち出されています。

 今年2月に発表された政府のロードマップ案では、温暖化ガス排出削減目標(2020年までに1990年比25%減)達成のための住宅用太陽光発電の普及目標は、1,000万世帯(現在の30倍以上)とされています。

copu03_1.gif

 国は、太陽光発電の普及のため、一般住宅への太陽光発電システムの設置を支援する、補助金制度を設けています。
*「太陽光発電普及拡大センター(略称J-PEC)」が、補助制度の執行にあたります。補助金額は、太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり7万円です。例えば、公称最大出力が3.5kWのシステム(平均的なシステム)の場合、7万円/kW×3.5kW=24.5万円が、補助されます。
*上記とは別に、補助金制度を設けている自治体もあります。

copu03_2.gif

 晴れた日の昼間は、太陽光発電でつくった電力を使うため、その分、電気代が節約できます。また、太陽光で発電した電力のうち、家庭で使用しなかった電力(余剰電力)を電力会社に売り、売電収入が入ります。平成21年11月からは、売電価格が従来の約2倍の48円(1kWhあたり)に引き上げられました。※

※太陽光発電システムの普及促進を目的に、新たな買い取り制度の導入などを盛り込んだ法律(「エネルギー供給構造高度化法」)が平成21年7月に成立し、買い取り価格(消費者側から言えば売電価格)が、平成21年11月から1kWhあたり48円(従来の約2倍)に引き上げられました。平成22年度までに電力会社への契約申し込みを行ったものについては、設置以降10年間、48円での買い取りが決定しています。

copu03_3.gif

img03_4.gif

titbar03_2.gif

  太陽光発電は温暖化ガスを発生しないクリーンエネルギーです。ご家庭でCO2削減に貢献。地球にやさしい生活が実現できます。


img_graph01.gif
太陽光発電によるCO2排出量は、太陽電池モジュール及び周辺機器の製造、製品輸送、交換部品供給によるものです(太陽光発電自体はCO2を排出しません)。
 太陽光発電システムで、年間3,700kWhの発電ができた場合、CO2の削減量は、年間約1,390kg-CO2となります。
 これを、年間5,200kWhの電力を使用している家庭に当てはめると、電気によるCO2排出量(約2,360kg-CO2/kWh)の約6割を、太陽光発電によって削減できることになります。

img03_5.gif
また、上記の年間太陽光発電量を火力発電の石油消費量に換算すると、約840Lに相当します。

(試算条件)
※ 太陽光発電によるCO2排出削減量は、太陽光発電システム製造時等に排出するCO2を考慮し、0.3754kg-CO2/kWhで試算(電気によるCO2排出量0.453kg-CO2/kWhから、単結晶シリコン太陽光発電システム(製造時等)によるCO2排出量0.0776kg-CO2/kWhを差し引いた値)。
※ 電気によるCO2排出量0.453kg-CO2/kWhは、2007年 電気事業連合会。
※ 単結晶シリコン太陽光発電システム(製造時等)によるCO2排出量0.0776kg-CO2/kWhは、「平成19~20年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構委託業務成果報告書 太陽光発電システムのライフサイクル評価に関する調査研究 平成21年3月」(みずほ情報総研株式会社)。
※ 1世帯あたりの年間電力使用量5,200kWhは、住環境計画研究所編「2009家庭用エネルギーハンドブック」の2007年の数値を参考。
※ 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算。

太陽光発電のしくみとは

titbar01.gif

titbar04_1.gif

太陽電池セル(半導体)に太陽光があたると、太陽電池の中に電子(-の電気的性質をもつ)と、正孔(+の電気的性質をもつ)が発生し、電子(-)はn型側に、正孔(+)はp型側に引き寄せられます。そこで、この両極板をつなぐと、電力を取り出すことができます。
titbar01_3.gif


img04_1.gif

 

titbar04_2.gif

太陽光発電システムとは、住宅の屋根に太陽電池モジュールを設置し、そこで発電させた直流電力を、交流に変換させて家庭内で使用できる電気をつくり、電力会社からの電力使用量を減らすシステムです。
 日射量の多い晴天日の昼間には、太陽光発電システムの発電量は家庭内での消費量を上回るため、余った電力は自動的に電力会社に売却します。逆に、日射量の少ない朝夕や曇天日、日射量がゼロに近い雨天や夜間には、太陽光発電システムでの発電量では家庭内での使用量をまかなえないため、不足分は電力会社の電気を購入します。さらに、停電時などは、日射さえあれば非常用電源として使うことができます。
 また、太陽光発電システムは、二酸化炭素など環境に悪影響を及ぼす物質を一切出さないクリーンな発電方法のため、環境への貢献も期待できます。


太陽光発電量と消費電力量の推移(イメージ図)
(晴れた日)
img03_1.gif
曇りや雨の日は、発電量が少なくなるため、売る電気の量は減り、太陽光発電でまかなえない場合は、電力会社から買うことになります。

img03_2.gif
(雨の日)
img03_3.gif

titbar04_3.gif

発電量は、太陽電池モジュールの変換効率(*)や表面温度の他、日射量や設置方位等、様々な設置条件に影響を受けます。
 日本の平均的な環境での発電量は、太陽電池モジュール1kWあたり、1年間に1,000kWh程度です。ただし、地域や年(日射量等の違い)によって、±3割のバラツキがあります。仮に、一般家庭の年間電力使用量を4,500kWhとすると、4.5kWの太陽光発電システムで、使用電力に匹敵する電力を発電することができる計算になります。
 通常、蓄電機能はなく、夜間や雨天時にはほとんど発電できないため、実際にはすべての電力を太陽光発電でまかなうことはできませんが、太陽光で発電した電気のうち、日中に使用しなかった電力は、電力会社に売ることができます。11月からは、売電価格が現在の電気代(買電価格)の約2倍の48円(1kWhあたり)となったため、昼間の電気使用量を抑え、売電量を増やすと経済メリットは大きくなります。

*変換効率… 太陽電池モジュールに当たった光エネルギーの最大何パーセントを直流電力に変換できるかの数値。当社太陽電池モジュールの変換効率は14.2%です。
img04_2.gif の計算式を用いて算出しています。

太陽光発電ユニット

titbar09.gif
詳しくはお問い合わせください。
titbar09_1.gif
img09_1-2.jpg

*現代(ヒュンダイ)重工業製 1,476㎜×983㎜
titbar09_2.gif
img09_2-2.jpg

*現代(ヒュンダイ)重工業製
titbar09_3.gif

img09_5.jpg
img09_6.jpg電力使用量の目標達成可否をロボットがゲーム感覚で知らせたり、累計発電量の森林面積換算値に応じて木が成長したりと、楽しく省エネ。デジタルフォトフレームとしても使えます。

titbar09_4.gif
img09_9.jpg

*現代(ヒュンダイ)重工業製(入力回路数3)

お問合せフォーム